-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  にほんブログ村 輸入住宅へ     人気ブログランキングへ
                    

| スポンサー広告 | top▲

2011-02-05 (Sat)
考えて考えて、ようやく決定したわが家の外観イメージ→過去記事はコチラ☆


おおまかな外観が固まったので、屋根材や色は珍しくすぐ決定しました(^^ゞ

わが家の屋根材は、オークリッジプロというものです。
opy1.jpg


こうやって見ると、黒っぽく見えますが、
選んだ色はグレーです。
黒かグレーかで少しだけ悩みましたが、黒だとちょっとエレガントな感じに
なりそうな気がして、何となくやさしげなグレーにしました。

このグレーの屋根、天気や時間帯によって、
まったく違う色に見えたりして、おもしろいです^^
(足場が外れ、初めて見た時は、色を間違えられたんじゃないかと思うくらい
ビックリしましたが、もう慣れました笑 )



プランニングの段階で、予算とにらめっこしている時に、
コストダウンのため、何度か検討したのが この屋根の勾配についてでした。

工務店でお話をうかがうまで、まったく考えた事もなかったのですが、
この屋根の勾配がきつくなればなるほど、屋根工事などの作業をするにも
危険や手間が伴うという事で、6寸勾配くらいになると
屋根足場というものも必要になるため、当然コストも上がってしまう
という事らしいのです。


ちなみに、ちょっと調べてみたのですが、
6寸勾配というのは、例えば 三角形の底辺を10として、垂直に6上がり、
それらを結んだ角度のことを「6寸勾配」などど表すそうです。
(わかりにくくてごめんなさい) 
遠い昔に習ったような「タンジェント」がどうこう…と書いてあったので、
もうこれ以上は逃げ出してきました

わが家の屋根は、図面などを見ると、こういう図が書いてあるので、
10寸勾配

おそらく10寸勾配(かね勾配)というもので、
屋根の傾斜が45度という事になるようです。

いっぱいいっぱいの限られた予算の中で、この勾配を削ろうかどうしようかと
主人と何度か悩みましたが、道行く人にも毎日目にしてもらう外観なので、
ここは妥協しないでいこうという事になり、この屋根勾配は
予算のあてもないくせに、頑張ってしまった所のひとつです


ブログランキングに参加しています。
お帰り前にポチッと ↓ していって頂けると 励みになりうれしいです☆

  にほんブログ村 輸入住宅へ     人気ブログランキングへ
                    

| 屋根・外壁 | COM(2) | TB(0) | top▲

コメント







管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。