FC2ブログ
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  にほんブログ村 輸入住宅へ     人気ブログランキングへ
                    

| スポンサー広告 | top▲

2010-10-30 (Sat)
わが家は、A社・B社に、相見積もり・プランニングを
お願いしている頃は、まだベースとなる外観(や間取り)が
はっきり確定してはいませんでした。
(こういう感じ という2パターンの外観イメージで、
プラン・見積もりを出して頂きました。)

何度か打ち合わせを重ねるうちに、自分達の理想も、
未来のわが家もみえてきた、という感じでした。


わが家はまだそんな漠然とした状態で、
しかも金額をつり下げようと思っても、
そんなかけひきができるほどの知識も要領も
持ち合わせていない夫婦だったので^^;、
完璧な相見積もりというものではなかったかもしれません

単純にできる限り同じような部材で、仕様で、
金額はどんな感じになるのか知りたい 比較したい、という感じで、
その上で各社に交渉できそうな所は交渉させて頂こうという程度でしたが、
そんな当時を振り返ってみて、契約前の見積もりの時点で
しっかり確認しておいた方がいいなと思った点を、自分なりに少し挙げてみました。 * * *   10.gif


基礎や構造、断熱などの基本的な仕様などについては、
各社独自のものを使われている部分もあり、
また、表記の仕方も会社ごとに異なるため、
見積書を比較してもわかりにくい所ではありますが、
やっぱり一番大事な所だとも言えるので、
時間が許される限り、どんなものを使って、
どういうメリット・デメリットがあるのか、
また、他社の工法のメリットやデメリットなどについても
さりげなくお聞きされたらいいのではないかなと思います。

わが家はさほどしっかり確認・勉強もしませんでしたが
それでも、各社で何度かお話を聞いていれば、
これはなかなかいいものを使ってくれてるなとか…
その程度の事はわかってきました(^^ゞ

24時間換気システムひとつをとっても、第一種とか三種とか
種類により給・排気の仕組みも金額も違ってくるようですし、
そのような、ビルダーによって採用しているものが違う点を、
それぞれの仕組みについてしっかり確認された上で、
見積り金額を比較なさられる事をおすすめします。


あとは、私のような素人にもわかりやすく、楽しかった
設備等の細かな仕様の面についてですが、
これらこそ、わかりやすいからこそ、じっくり時間をかけて
希望と金額をしっかり検討されるとよいと思います。

営業さんは、「その辺りは本格的な仕様決定時期に、
またゆっくり考えて頂けば…♪」などと言って下さるかもしれませんが、
契約前の相見積もりや金額交渉の際にしっかり確認しておけば、
後々こんなはずじゃなかったのに…(;_:)
という事も少しは減らせるのではないかと思います。

例えばお風呂にしても、「標準的な仕様のタイプです」と
型番の書かれた見積書だけ頂いても、自分達の理想としていたお風呂の設備とは
かけ離れているという事もあり得ますので、
キッチンやシステムバス、洗面やトイレなども
見積書に記載されているものをパーツの詳細まで、
カタログと写真をひとつひとつ頂けたらわかりやすいと思います。
(たいていのビルダーさんは間取り図と一緒に、各部の仕様を
写真付きでくださるかとは思いますが)

上記のキッチンや洗面などを造作して頂く場合は、
できる限りデザインの詳細まで決めて(使用する水栓金具なども希望があればそれで)
見積もりをできる限り細かく具体的に出して頂く事ができたら理想だと思います。


ですが、ビルダーさんも、契約前の段階で、そこまで細かに一人一人の
お客さんに費やせる時間もないかもしれませんし、
そこまでして頂いて、結局 お断りさせて頂く事になってしまった業者さん
には本当に心苦しいと思いますが…(>_<)
こちらも一生をかけての大きな買い物なので、できる限り後で後悔しない
ように、契約前に、しっかり仕様書や見積書を確認、納得される事が
なによりだと思います。

キッチンやお風呂、洗面などは、契約前にご自分で
各メーカーのショールームに行って実際に確かめられたり、
カタログを見て、こういう感じがいいな!と思ったものがあれば、
こちらからビルダーさんにこのタイプだといくらになるか?と
見積もりをお願いされるなどすると、
相見積もりも一番わかりやすいかもしれません。

わが家は、いわゆる大手のハウスメーカーとよばれる会社では
見積りを頂いた事はないので、標準仕様というものも特になく、
予算の許す範囲で、ほぼ希望通りのものを取り入れて頂き、
見積もりを出して頂く事もできましたが、
オプション価格等が発生する場合は、
それこそドア一枚やドアノブ、床材などについても、
希望するものを予算内で叶えて頂けるかどうか、
しっかり確認なさられると良いと思います。


と……  ずらずらたらたらと書き連ねてしまい、読みにくいかもしれませんが、
思い浮かんだ事をひと通り書いてみました。

少しでも何か参考にして頂けることがあれば幸いですm(__)m


ブログランキングに参加中です。よろしかったら
お帰り前にポチッと ↓ していって頂けると 励みになりうれしいです。

  にほんブログ村 輸入住宅へ     人気ブログランキングへ
                    

| プランニング | COM(2) | TB(0) | top▲

コメント







管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。