-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  にほんブログ村 輸入住宅へ     人気ブログランキングへ
                    

| スポンサー広告 | top▲

2011-06-11 (Sat)
わが家のフローリングは、1階・階段・2階廊下&居室 と、
それぞれで異なるものを使用しています。

好き好んでそうした訳ではなく、そうせざるを得なかったのです


以前の記事で、わが家の床暖房について 書かせて頂きました。(こちら→)

どうしても採用したかった 床暖ですが、
どうしてもどうしても 採用したかったものが もうひとつ…

それは、無垢のフローリングでした。


当初は、床暖を入れたら、無垢のフローリングは 諦めなければならないんだ
と思っていたのですが、どうやら 床暖房にも対応できる無垢材がある
という事を知り、どうしても どちらか一方を諦めるという
決断が下せずにいました(>_<)

床暖房対応の無垢材は、しっかり乾燥をさせて、
含水率のばらつきを抑えるように調整や加工をし、
それによって 乾燥や湿気による木材の収縮や膨脹による狂いを
最小限に抑えられているのだそうです。

そのため、その手間暇の分だけ 工務店がお手頃で提供してくれていた
標準のパインと比べ、ますますコストはアップするのですが
それでもどちらも諦められず(>_<)
でも、完全に予算オーバー……


何度も何度も主人と考えた結果、最終的には
念願だった、「無垢のフローリングに床暖」を採用する事になった代わりに
工務店の標準仕様だった 2階部分のパインの床を
合板のフローリングにする という とっても残念な感じになりました



わが家はリビング階段のため、人目につきやすい階段部分は
標準仕様のパインにしました。

そのため、リビングと階段は、その差はそれほど気になりませんが
nfl

写真を見て頂いてもよくわかると思うのですが、
さすがに 床暖対応の方は、どの季節も、どんな気候でも、もちろん床暖房使用中も、
隙間や収縮みたいなものをほとんど感じません。


↓標準仕様のパイン材(もしかして空きすぎ!?こんなものでしょうか??)
nfl


↓床暖対応のパイン材
nfl



この点ではとてもよかったのですが、でも・・・


問題の 階段を上がりきった 2階廊下の床部分から 急に
パインから合板のフローリングへと 変わる部分は…

nfl
こんな不自然さ 丸出しの状態です
(実際は、写真で見るよりも もっと違和感があると思います(ToT) )


何より、足に触れるフローリングの感触が、やはりまったく違います。
2階から降りてくるたびに、無垢材の心地よさを 実感する毎日です


さらに欲を言えば、ほんとは無垢材の材質にも理想があったのですが、
わが家の予算を考えたら、さすがに恥ずかしくて
工務店にはその事までは言えませんでした(;´▽`A``



こんなちぐはぐで 中途半端なわが家でも、床材の検討などに
少しでも参考にして頂けたらいいのですが…(;^_^A
(こんなめちゃめちゃな家 嫌ですね…)


よろしかったら お帰り前に下のバナーをポチっと
していって頂けると 励みになりうれしいです。

  にほんブログ村 輸入住宅へ     人気ブログランキングへ
                    

| 内装・設備 | COM(4) | TB(0) | top▲

コメント







管理者にだけ表示を許可する






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。