-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  にほんブログ村 輸入住宅へ     人気ブログランキングへ
                    

| スポンサー広告 | top▲

2011-06-26 (Sun)
また少し日が空いてしまいましたm(__)m

蒸し暑い日が続いていますが、
みなさんは 元気にお過ごしでしたか?


自分の家づくりの記録を、少しでも どなたかに 参考にして頂けるような事が
あれば…と始めたブログなので、お越しくださる方も やはり
お家づくりに興味を持たれている方が大半かと思いますが、
その時どきで 綴っておきたいことが出てきてしまい、
家づくりの記録がなかなか進まず、本当にごめんなさい。


このちんたらブログは、私自身の日々の記録でもあるので、
ついひとりごとも増え 脱線してばかりですが、

今日も、家づくりとは関係のない内容なので、
以下 折りたたませて頂きますm(__)m


>> 続きを読む
スポンサーサイト


  にほんブログ村 輸入住宅へ     人気ブログランキングへ
                    

| 日々 | COM(2) | TB(0) | top▲

2011-06-11 (Sat)
わが家のフローリングは、1階・階段・2階廊下&居室 と、
それぞれで異なるものを使用しています。

好き好んでそうした訳ではなく、そうせざるを得なかったのです


以前の記事で、わが家の床暖房について 書かせて頂きました。(こちら→)

どうしても採用したかった 床暖ですが、
どうしてもどうしても 採用したかったものが もうひとつ…

それは、無垢のフローリングでした。


当初は、床暖を入れたら、無垢のフローリングは 諦めなければならないんだ
と思っていたのですが、どうやら 床暖房にも対応できる無垢材がある
という事を知り、どうしても どちらか一方を諦めるという
決断が下せずにいました(>_<)

床暖房対応の無垢材は、しっかり乾燥をさせて、
含水率のばらつきを抑えるように調整や加工をし、
それによって 乾燥や湿気による木材の収縮や膨脹による狂いを
最小限に抑えられているのだそうです。

そのため、その手間暇の分だけ 工務店がお手頃で提供してくれていた
標準のパインと比べ、ますますコストはアップするのですが
それでもどちらも諦められず(>_<)
でも、完全に予算オーバー……


何度も何度も主人と考えた結果、最終的には
念願だった、「無垢のフローリングに床暖」を採用する事になった代わりに
工務店の標準仕様だった 2階部分のパインの床を
合板のフローリングにする という とっても残念な感じになりました



わが家はリビング階段のため、人目につきやすい階段部分は
標準仕様のパインにしました。

そのため、リビングと階段は、その差はそれほど気になりませんが
nfl

写真を見て頂いてもよくわかると思うのですが、
さすがに 床暖対応の方は、どの季節も、どんな気候でも、もちろん床暖房使用中も、
隙間や収縮みたいなものをほとんど感じません。


↓標準仕様のパイン材(もしかして空きすぎ!?こんなものでしょうか??)
nfl


↓床暖対応のパイン材
nfl



この点ではとてもよかったのですが、でも・・・


問題の 階段を上がりきった 2階廊下の床部分から 急に
パインから合板のフローリングへと 変わる部分は…

nfl
こんな不自然さ 丸出しの状態です
(実際は、写真で見るよりも もっと違和感があると思います(ToT) )


何より、足に触れるフローリングの感触が、やはりまったく違います。
2階から降りてくるたびに、無垢材の心地よさを 実感する毎日です


さらに欲を言えば、ほんとは無垢材の材質にも理想があったのですが、
わが家の予算を考えたら、さすがに恥ずかしくて
工務店にはその事までは言えませんでした(;´▽`A``



こんなちぐはぐで 中途半端なわが家でも、床材の検討などに
少しでも参考にして頂けたらいいのですが…(;^_^A
(こんなめちゃめちゃな家 嫌ですね…)


よろしかったら お帰り前に下のバナーをポチっと
していって頂けると 励みになりうれしいです。

  にほんブログ村 輸入住宅へ     人気ブログランキングへ
                    

| 内装・設備 | COM(4) | TB(0) | top▲

2011-06-09 (Thu)
以前、雑誌で イギリスのお庭にきれいに咲いているその姿を見て
ひと目で好きになってしまい、ずっと忘れられなかった
アストランティア マヨール。

昨年の今頃だったか ホームセンターで花苗を見ていたら
そのアストランティアが 色んなお花にまじって何気なく並んでいました!
(わが家の近所のホームセンターは、結構珍しい苗が
時々入荷されていたりするので、とってもありがたいです^^ )

初めて間近で実物^^と対面し、やっぱり素敵で、
うれしくって急いで買って帰り、庭に植えました。


アストランティアは、耐寒性はあるけれど 高温多湿に弱く、
日本では夏越しが難しい と目にしたので、
西日もばっちり当たり、草花にはあまりやさしくなさそうな わが家の庭では
そんな繊細なお花は無理かな~と思い込んでいて、

今年でサヨウナラ… なんて 昨年の夏に(勝手に)お別れをして、
そのままほったらかしだったアストランティアが
なんと 数週間前辺りから 少しずつ顔を出し始めてくれました!!!
そして、今、とってもきれいな花を咲かせてくれています。

aa1 -



春にいっせいに咲き始めた花壇の花から 少し遅れて
このアストランティアの花茎が ひょっこり顔を出してくれているのを
みつけた時は、本当にうれしかったです。

それほど 大きく成長した!というまではいきませんが^^;
でも、昨年と比べると ずいぶん花数も増えたような気もします。



近くで見ると こんな感じで、とても変わった姿をしています。
a3 -



先日、家に遊びにきてくれた友達も、全然植物に興味のない子
だったのですが(^^ゞ、「このお花すごい変わってるけどかわいいね!」と
言っていました^^
決して豪華な感じではないけれど、とても繊細でやさしげな感じがする
アストランティア。
ガーデニング初心者の私ですが、今のところ 一番好きなお花かもです^^

この夏も、がんばってほしいです。



全然関係ない話ですが、ここのところ 当たり前のように過ぎていく毎日を
一日 一日ちゃんと過ごさなきゃ と心の底から思わされています。

だからという訳じゃないけど、ここ数日は、私にしては珍しく
更新も できる時は頑張ってみましたが(これでも…^^;)
用事が重なったりすると、疲れてしまって
すぐ遠のいてしまう 気分屋のぐーたらです。



世の中には、願っても願っても 祈っても祈っても
どうしてもどうにもならないことが やっぱりあるのでしょうか


こんな風に のんきにブログを書いて、健康に食べて眠って 笑って。
そんな暮らしを送れている自分を 本当にありがたいと
もっと感謝しなくちゃと思います。いつも結局 思うだけ だけど。



みなさん どうか身体には気を付けてm(__)m
今日もほどよく がんばろう。




a2 -


* Astrantia major *
  セリ科 アストランティア属
  原産地:ヨーロッパ・西アジア
  宿根草(耐寒性多年草)
  耐寒性あり。高温多湿に弱い
  日照は半日陰
  初夏から秋咲き 
  草丈:70~80cmくらい


* 以下 楽天shopです

   




  にほんブログ村 輸入住宅へ     人気ブログランキングへ
                    

| 草花 | COM(2) | TB(0) | top▲

2011-06-07 (Tue)
わが家は、キッチンのカップボードで使いたかった
チェッカーガラスを、施主支給しました。

繊細なガラスを 自分で用意するというのも少し不安でしたが
見積り金額の差額に それなりに開きがあったので、工務店にお願いして
施主支給させてもらいました。

私がチェッカーガラスを購入させて頂いたお店は、Dear Oldさんというお店なのですが、
希望のサイズでカットしてくださり、見積もり金額を出して頂いてから
正式に注文させて頂く という形で販売されているので
施主支給に不安いっぱいな私みたいな者でも、安心して簡単に
支給させてもらう事ができました。

梱包もしっかり 丁寧にして頂いて、配送の日時についても、
色々とこちらの都合にお付き合いくださったので、とても助かりました。


Dear Oldさんのサイトによると、現在 日本では、
チェッカーガラスの国内生産はなく、フランスのガラスメーカーから
輸入されているのだそうです。

輝きがなんとも言えません(*^_^*)
b5dd8415d7.jpg
(画像は、Dear Oldさんからお借りしました)



前回の記事(☆)で、ステンドグラスをオーダーで製作してくださるお店を
みつけました という内容の話を書かせて頂きましたが、
そのお店というのが、こちらの Dear Oldさんです。

私が、ステンドグラスをオーダーで作ってくださる所はないかな?と
探していた頃は、残念ながら まだステンドグラスのオーダー製作は
されていませんでした。

ですが、今回 チェッカーガラスを施主支給した話を綴ろうと思い
先日、久しぶりにこちらのショップさんのサイトへお邪魔したら、
素敵なステンドグラスのお写真がたくさんあって、
しかもそれはオーダーで 受注製作なさられているものだと知り、
思わず見入ってしまいました


アンティークには、アンティークにしか醸し出せない味が
やっぱり絶対にあると思いますが、
私みたいに^^;、どうしてもサイズが合わない!とか
希望のデザインがあるという方などは、
あきらめないで オーダーという方法を
考えてみられるのも悪くないかなと 思います^^



* * * わが家にはめ込む という夢は叶いませんでしたが、
以下は、アンティークのステンドグラスを 販売されているお店です。

散々 既出で、見た事あるようなお店ばかりかもしれませんが
当時 私なりに調べに調べて 探しに探した記念に?^^
記させて頂いておきます。


アンティークハウス ポートベロ
Wellington
Naty Garden
Antiques DejaVU サイト内検索から ステンドグラスでSEARCH
トシアンティークスTOSHI.ANTIQUES
CURIOUS GOODS
ビクトリアンクラフト 楽天市場店
アンティーク アクセント
ハンドル楽天市場店
alver アルヴェール 全商品リスト→ステンドグラス
Mixing Bowl
リカムアクロス サイト内の商品検索でステンドグラスと入力
英国直輸入 五番館アンティーク サイト内商品検索でステンドグラスと入力


こんなブログに遊びにきてくださった方に
少しでも参考にして頂けたら うれしいかぎりです * * *


ブログランキングに参加しています。 更新の励みに
よろしかったらポチっと 下のバナーに応援クリックお願いします ^ ^

  にほんブログ村 輸入住宅へ     人気ブログランキングへ
                    

| ステンドグラス | COM(0) | TB(0) | top▲

2011-06-05 (Sun)
  
      w133.gif

家づくりへの夢をあれこれふくらませていた頃から、
家のどこかにステンドグラスを入れたいなと思っていました。

理想はアンティークのもので、これだ~!っていう色使いの
ステンドに出会えないかなと、また夜な夜な探しまくりました^^;
(といってもほとんどネット上を ですが(;^_^A )


はめ込む場所についても考え続けていたのですが
なかなかぴんとくる場所がなくて、
構造上、付けたいと思った場所に はめ込められなかったり、
私は飽き性なので、何となく 部屋の中心などに付けてしまって
飽きたりしないかなとか…色々考えて、最終的に
玄関ドアを開けてまっすぐに飛び込んでくる 玄関クローゼットの
壁に はめ込んでもらう事にしました。


そして、価格やデザインを色々比較して、これなんかいいかな☆と
目星を付けていた頃…

コーディネーターさんから、耐力壁?柱?か何かの影響で、
ステンドは30センチ以内のサイズでお願いします!と言われました。

その時はそれほど深く考えず、は~い なんて軽く応えていた私でしたが、
これが実は、とても難題だったのです!!

デザインも色も、いいな♪と思ったものは、たいていがもっともっと
サイズが大きかったんです。
中には、カットなどの加工をしてくれるお店もありましたが、
それではデザインが変わってしまったり…。
とにかく思うようにいかず、探せど探せど これだと思うものに巡り合えずにいました。

そんな時、確かハンドルさんか(ドロッグリさんだったかも!(^^ゞ)
どこかのショップだったと思うのですが、
お写真を拝見して、これが欲しい!!!!と 一目見て思ったものがありました。
サイズもそれほど大きくなさそうで、まさに理想でしたが、
でしたが、、、そちらの商品は一点物のアンティークで sold out・・・

その後も同じようなものが入荷されないかなぁと 度々覗いていましたが、
それも叶わず、どんどんステンド支給の期限は迫ってくるばかりで(>_<)

どこを探してもみつからない わが家のステンドグラス。。。
そして最終的には、私にとってはすごい冒険だったのですが、
アンティークという夢は諦め、アンティーク風のステンドグラスを
受注制作してくださるというお店をネットで見つけ、
ずっと忘れられなかった ショップでおみかけしたものと同じような感じで、
制作して頂く事にしました。

サイズの関係や、その他諸々で 少し縦横比など違いますが、
デザインはほぼこんな感じで、と イメージを拝借しm(__)m、
お店にお願いして 作って頂きました。


      sg_.jpg


この写真では全然わかりませんが^^;、一応 三種類のガラスを使っています。
色を付けて頂こうか とも考えましたが、ちょうどその当時、
素敵だなぁと目につくステンドは 無色のものがなぜか多く、
とても気になっていました。
きれいな色使いがあってこそ、ステンドグラスという気もしますが、
カラーレスでお花(バラでしょうか?旦那には、何かの虫みたい、と言われましたが…)
というところが、たまらなかったのです(*^^ゞ

後は、お店に直接うかがう事はできず、できあがりまで 実際に自分の目で
色味を確認できない という事が不安でもあり、
やはりカラーレスでお願いしました。

そんなこんなで わが家にやってきてくれたステンドグラス。

先日、ちょうど 私がよくお邪魔させて頂くブロガーさんが、
はめ込んだ場所の光の射し加減で 予想していたのと
見え方がずいぶん違う!と話されていたのを拝見して、
本当に本当に お気持ちが痛いほどわかったのですが、
まさにわが家も同じ状態で・・・

家の玄関では、ステンドグラスの魅力をちゃんと生かし切れませんでした涙

せっかく作って頂いたのに、お店の方にも何だか申し訳ない気分です(;_:)

そのため、今後紹介させて頂くわが家のステンドグラスは、
こんなに くっきりはっきりとはしていませんが、
そんな様子も、また紹介させてください。


* * * わが家のステンドを作ってくださった所は、アンティーク風がメイン
というよりは、どちらかというと 伝統的な 基本に忠実に
丁寧なステンドグラスづくりをなさられている という印象を
受けましたが、とても親切で、ご丁寧に対応してくださるお店でした。

私が オーダーでステンドグラスを制作してくれる所を
探していた頃は、まだあまり そのようなショップさんもおみかけできなかった
のですが、先日、別件でたまたま オーダー制作なさられているお店を
おみかけしました!
施工例にも、私がイメージしていたような アンティークのステンドグラスに
近いデザインがたくさんあり、素敵だなぁって しばらく眺めてしまいました♪

とっても素敵で いい感じだったのですが、今回もまた すっかり長くなりましたので^^;
こちらはまた次回 できるだけ急いでご紹介させて頂きたいと思います。


ブログランキングに参加しています。更新と継続の励みに
ポチっと応援のクリックいただけたら とってもうれしいです^ ^

  にほんブログ村 輸入住宅へ     人気ブログランキングへ
                    

| ステンドグラス | COM(4) | TB(0) | top▲


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。