-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  にほんブログ村 輸入住宅へ     人気ブログランキングへ
                    

| スポンサー広告 | top▲

2010-11-04 (Thu)
家づくりをお願いさせて頂く会社と、いよいよ契約!
となった時、とても緊張しました。

これまでの生活の中で 見た事もないような金額を前に、
工事請負契約を交わす訳ですから、当然と言えば当然ですよね(;^_^A

家づくりを意識し始めた時から、おそらく ほとんどの方にとって、最初から最後まで、
一番 切っても切られないのが予算… お金のことではないかと思います。
(わが家は 当時も今も 戦いっぱなしです(ToT))

知識も乏しく まったくの素人の私には、
家づくり経験者 という点以外は 何も持ち合わせていないのですが、
この辺りの事については、色々と想うところもあるため、
契約を結ぶにあたって、しっかり確認しておいた方が良いと
私なりに 思った事を、少し 綴らせて頂きたいと思います。


お金の面で、後になってから こんなはずじゃなかったのに…という事態を
少しでも 減らす事につながるかもしれないといえば、

・契約書に判を押される前に、もう一度しっかりと
仕様書と金額を ご自身の希望と照らし合わせ、納得される事


そして、
・施工会社が万が一という状況に
なってしまった時の事を、どこまで考えておくかという事

ではないかなと思います。

もちろん 他にも色々と 確認しなくてはいけない事は
あると思うのですが、とりあえず 私が思い浮かんだのは その二点です。




契約前の 見積りの事に関しては、
プランニングの相見積もりの所でも書かせて頂きましたが、

詳細な仕様決定は 契約後にゆっくりと。という事で、
おおまかな仕様で 契約をしたものの、見積りで頂いていた 仕様や設備が
自分の理想や希望と 大きく差があった場合、
当然 予算を更にどこかから捻出するか、最終的には
思い描いていた夢を 諦めるしかありません

契約前の プランニングの段階で、しっかり確認の上で
予算の都合で 自分で納得して諦めたものと、
そうでないものでは やはり 気持ちはまったく違うと思います。

こだわりや 仕様の希望を 強くお持ちの方は特に、
不安に思う事や 確認したい事などは、すべてしっかり確認・納得された上で
金額交渉、そして 契約にのぞまれると 安心かと思います。



そして、もうひとつは、これから家を建てよう と考えていらっしゃる方なら
心配なさられる方も多いかと思います 施工会社の経営状況・健全性について です。

まだ記憶に新しい方も 多いかと思いますが、
有名なハウスメーカーの倒産を ニュースで聞いた時、
とても他人事とは思えず、本当に不安になりました。

中間金まで支払ったのに、家は着工すらしていない状態で 途方に暮れている
という方のお話を拝見して、とても胸が痛みました。

現状では、このような施主を 救済してくれる制度等は
ほとんどないような記述を 沢山見ました。
つまりは、そのような事態に陥らないために、施主自身が予防・対策をとるしか
今の所、最悪の事態を防ぐ術はない という事なのですよね。


わが家は、大手のハウスメーカーで お話をうかがった事がないので、
その辺りは 保証制度などが どのようになっているのか わかりませんが、
私達が プランをお願いしていた工務店は いずれも、
完成保証の機関に登録されていたので、
心配な場合は 完成保証に加入する事ができる とうかがいました。
(もちろんその費用は 施主個人の負担となります。)

これから 大きな契約を交わそうとしている会社に、
万が一の場合の 保証のお話をするのは 少しこちらも気がひけますが、
それこそ 万が一の時の ご自身のための保証なので、
もし 施工会社さんがそのような制度に登録されているのなら、
その辺りのお話を、一度 確認なさられてみるのも良いかと思います。


ちょうどわが家が契約、という頃に、不安要素が重なった という事もあり、
何だか急に 色々な事が心配になってしまい、主人とも色々話し合い、
わが家は、完成保証に加入しました。

家づくりをしながら、何とか削れる所はないかと
見積り金額を 予算に合わせて削っていく事で必死で、
もうどこからも 捻出できる予算はない(ToT)という状況の時に、
完成保証に加入するための費用は、少し大きく、負担にも感じましたが、
それでも、

万が一の時に 被るかもしれない その損失の大きさを考え、
加入させて頂く事にしました。


ただ、完成保証といっても、制度や契約内容によっても、
保証の程度が様々のようなので、ご自身にとられ どのような保証が必要か
という事も しっかり確認されて 加入されなくてはいけないと思います。



そして、何より、できる事なら 出来高に対しての 支払代金の過払いを
避けられるような支払方法を
、契約前に 何とか施工会社さんと
交渉させて頂く事ができたら、何よりひとまずは 最悪の事態は
避けられるのかもしれないのでは と思います。

わが家もそうでしたが、だいたい注文住宅の場合、多くは、
契約時・(着工時)・上棟時(中間金)・完成時 という段階での
支払い条件で 契約される方が多いみたいです。

その場合、家を建てられた方でしたら おわかりかと思いますが、
中間金といっても、上棟の時点では、まだ 家の骨組みが出来上がった程度で、
とても 住宅としての機能などまだまったく持ち合わせていないような段階です。

その段階では、支払った中間金と 出来高が見合わず、
過払い という状態になってしまう事も あるのではないかと思います。
そんな時に、もし、施工会社が倒産 という事にでもなったら…

夢にまで描いたマイホームは 自分の手には入らず、
多額のローンだけが 残ってしまうなんて。
想像したら、本当におそろしい事だと思いました。


ビルダーさんの方にも、住宅を一軒 建てるにあたって、
材料の仕入れにかかる費用も 必要でしょうし、
色々と事情があると思うので、なかなか支払方法の相談にまで
乗ってくれる会社は 多くはないのかもしれませんが、

それでも、契約前の段階なら、どんな事も いくらでも交渉はできますので、
少しでも不安をとりのぞけるように、契約を結ばれる前に、
しっかりと確認をなさられると良いのではないか と思います。


この辺りの 支払い方については、自己資金やつなぎ融資など、
個人の状況によっても 様々だと思いますが、
最近は 出来高払いで つなぎ融資を実行してくれ、完成保証もしてくれる
という制度もあるみたいですし、

どの辺りまで対応して頂けるのか という事を、ご自身で しっかり
施工会社さんと相談・確認され、色々と検討なさられる事が 何よりかと思います。
(何だか面倒で、気が重くも感じますが
ご自身にとられての 大切な事ですので…(>_<))


私自身、家づくりの時に ささっと検索して調べたり…
という程度の知識しかないので、間違った知識で
綴らせて頂いてしまっている事などが もしありましたら
どうぞ ご指摘やご指導を頂けましたら ありがたいですm(__)m


本当に詳しく、色々な説明をして下さっている専門的なサイトが
沢山あるので、これから家づくりを検討されていらっしゃる方は、
ぜひ 色々と参考にされて、ご自身にとられ 一番良い形で
契約を締結なさられましたら 何よりです。


また長くなってしまいましたが、こんなところまで 目を通してくださった方、
ほんとうにありがとうございましたm(__)m

ランキングに参加しています。
よろしかったら お帰り前に ポチッと
下のバナーに応援クリックをいただけたら うれしいです。
スポンサーサイト


  にほんブログ村 輸入住宅へ     人気ブログランキングへ
                    

| 完成保証のこと | COM(2) | TB(0) | top▲


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。