-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  にほんブログ村 輸入住宅へ     人気ブログランキングへ
                    

| スポンサー広告 | top▲

2011-08-10 (Wed)
今更ながら^^;な感じで、久しぶりにキッチンの話に戻ってきてしまいました

わが家は、キッチンの背面カップボードを、キッチンとお揃いで
造作してもらいました。

好きなデザインで造ってもらえるという事も大きな魅力ですが、
それよりも、何かと心配性な私にとっては、地震の際などに 食器棚が倒れてくる
という心配がとりあえずひとつ減るかな、と思った事が第一でした^^;


m-styl20.gif              m-styl24.gif

こんな感じで♪というイメージは決まっていたので、
サイズなどの詳細を決めた程度でしたが、それでも結構大変でした

雑誌などで見る素敵なキッチンは、キッチン家電などはパントリーにあり
すっきりとしていて、見せたいものだけを飾れるキッチンに とても憧れていました。 

ですが、わが家は、憧れのパントリーを 結局設ける事ができなかったので(涙)、
レンジやトースター、炊飯器など 全ての家電を、この背面カウンターに
収納する事になります。 (パントリーがあったところで、
私や主人のようなタイプでは、わざわざレンジなどを使用するために 移動する
という事ができなかったかもしれませんが…(;´▽`A`` )

生活感が丸出しになるんだろうな~と思いましたが、ぐーたらな私にとっては
使いやすさは絶対に無視できないところでもあり^^;、
かがんだり、パンくずなどが床にこぼれたりするのも嫌だったので、

レンジなどはすぐに使えるようにこの背面カウンターにどん と置いて使おう、と、
あまり気にせず造ってもらいました。
なので わが家のキッチンは、思いっきり生活感が出まくっています

やっぱりもうちょっと隠してもらえばよかったかなぁ~と
少し後悔する時もありますが、振り返ってすぐ♪レンジやトースターがある
という便利さにもやはり代えがたくて、結局ぐーたらが勝ってしまいました^^;

炊飯器だけは、何とかなりそうだったので、背面収納に
こんな感じで↓専用の置き場を設けてもらいました。
P8
よく見かける形ですが、キャスターで引き出せるようになっているので、
炊飯や保温の時は引き出していますが、それ以外の時はすっきり収まっているので、
炊飯器の気配はありません^^



狭いキッチンで、収納が心配だったので、吊り戸棚も付けてもらいました。
(施主支給したチェッカーガラスについては こちら★をm(__)m)

吊り戸棚と言えば、アパートに居た頃は、天井までめいっぱいにある形だったので、
上の方にあるものは、いつも椅子に上らないと届きませんでした。
それが面倒で面倒で、結局は、「使わないけど捨てられない物置き場」に
なっていたので、何も上らなくても届く高さにしてもらいたいと思っていました。

市販のカップボードに手を伸ばしたり(^^ゞ、何度もシュミレーションして
吊り戸棚のサイズを決めました。

わかりづらいかもしれませんが、わが家のカップボードを横から見た図です。
P
(数字の単位はミリです)
と~っても簡素な図でごめんなさい

私の身長は、160cm弱ほどですが、この高さで、
一番上の段まで、少し身体を伸ばして何も上らずに手が届きます。

もちろん個人差があると思いますので、正確な事は言えませんが、
こんな感じでも 少しでも参考にして頂ける事があれば幸いです^^

ランキングに参加しています。 よろしかったらお帰り前に
↓のバナーに 応援のクリック♪ お願いします。
スポンサーサイト


  にほんブログ村 輸入住宅へ     人気ブログランキングへ
                    

| キッチン | COM(2) | TB(0) | top▲

2011-05-20 (Fri)
家を建ててくれた工務店は、無垢のパインが 床材の標準仕様でした。

ですが わが家は、水まわりはすべて
フロアタイルやクッションフロアにしてもらいました。

コストダウンにもなるかな♪と 期待したのですが、
もともと パインがずいぶんお値打ちだったみたいで、価格はほとんど変わらず…
極力自然素材を使って 家づくりをされていた工務店からも
やめたら?と言われました(;^_^A

でも、わが家には 小さい子供も居ますし、どうしても
このズボラな私が、水まわりに無垢のフローリング という選択ができませんでした
単純に、タイル床のキッチンに憧れていたというのもあります^^


本当なら、すべてテラコッタタイルなどにしたかったですが、
予算の事と、あとは、タイルだと食器を落とした時に 粉々になる とか
タイルの方が割れる事もある という話を見聞きして、
どうにも勇気が出なくて…(;´▽`A``

とにかく心配性なので、まだ子供も小さいし、もしいずれ
二人目が産まれて…なんて考えたら、転んだりしても怖いし
なんて事まで考えてしまい、本物のタイルは子供が大きくなってから
また考えよう という事にしました。


選んだのは テラコッタ調のフロアタイルで、サンゲツのものです。

P40498 -


久しぶりに少し検索してみたのですが、あまりみかけなかったので、
今はもう販売されてないのかな?

なぜかこちらだけ、メーカーからサンプルが取り寄せられない!と
工務店に言われ、実物を見ずに決定するのはとても不安でしたが、
悩みすぎてだんだんめんどくさくなってきて、え~ぃ!と
決めてしまいました^^;


同じサンゲツのフロアタイルで、目地のないこのタイプと少し悩みました。
どちらがお好みでしょうか?^ ^
293 -
(ぷに子が乗っかっていてごめんなさい)



遠くから見ると、一見 本物っぽく見えなくもない気がして、
そんなに悪くないかな と思う時もあるのですが

でも…… 日中など 勝手口からの光がしっかり当たったりすると


P249

こんな感じで、多少近付けば わかる人にはすぐわかると思います。
やっぱり テラコッタ風は「風」かな と^^;


その点、トイレのクッションフロアもサンゲツですが、
こちらの方が何となく質感が好きで なかなか気に入っているので
こっちでもよかったんじゃないかと思ったりもします。
(角の大きさが違うのですが)

でも、この フロアタイルとパインの境目のところは
水はねが いつも気になって仕方ないので、
わが家の水まわりは 無垢にしなくてやっぱりよかった と思っています。


いつか 本物のテラコッタタイルの キッチンにしたいです


いっぱいふくらむ理想と裏腹に、結局はいつも
楽そうなものばかり選んでいる わが家ですが^^;
よろしかったら ポチっと ↓ 応援いただけたらうれしいです。

  にほんブログ村 輸入住宅へ     人気ブログランキングへ
                    

| キッチン | COM(4) | TB(0) | top▲

2011-03-08 (Tue)
私が家づくりを始める前から、ずっと楽しみにしていたもの。
そのうちのひとつが、食洗機でした^^
少しでも家事が楽になればいいなぁ~なんて♪大きな期待を抱いていたので、
食洗機はなんとしても取り入れたいと思っていました。

それまで、食洗機なんて使った事もなかったので、どれくらい優秀なものかも
使い勝手も何もわからない私でしたが、何度か度々 ミーレという名前を目にしたので
色々調べてみたら、大容量で食器の出し入れの仕方などもなかなか良さそうで、
気付けばいつしかすっかり 食洗機は絶対ミーレ!と思っていました(*^^ゞ


ミーレの食洗機には、幅が60cmのものと45cmのサイズがあります。
メーカーのサイトによると、IEC規格というもので、
60cmが12~14人分・45cmで9人分とありました。

細かい事はよくわかりませんが、心配性の私には特に、大は小を兼ねる
で、大きいに越した事はないと思っていました。
せっかく憧れの食器洗い機を付けるのに、やっぱりもう少し大きくしておけば
よかった!なんて思うのはいやだなぁと思いました。

ですが、工務店が毎回提案してくれたのは、45cmのタイプでした。

なぜかというと、それはわが家の予算が完全に足りなかったからです(ToT)
目が飛び出るほどの差額という訳ではありませんでしたが、
それでも食洗機自体を諦めなければならないような状況だったわが家には、
それはそれは大きな差額でした。
すでにそんな事は誰より私達が一番わかってはいましたが、でも…
ここはどうしても譲れない!ぐーたら主婦は必死です

私に負けないくらい適当な主人は、まぁいいんじゃない?という感じだったのですが、
(この夫婦…いったいどこから予算が出てくるというのでしょう)
最後まで反対されたのが、なんと工務店の社長さんでした(汗)

最初から最後まで、「あれもしたい、これも! でも、お金はありません」なんて
言い続けている私達を見るに見かねて、しまいには
予算もないのに、これ以上どうするつもりなの!と諭して頂く始末でした(^_^;)

そして、念願の食洗機を採用できる事になったものの、それだけでは済まず
どうしても60cmがいい!と言い張っている私にしびれを切らされたのか、
その時社長さんに「こんな食洗機は、1億円クラスの家に住む人が付けるものだよ!!」
と言われてしまいました(;´▽`A``

時と場合によっては、失礼な!とカチンときてしまうかもしれない言葉ですが、
こちらの社長さんは、そんな事もなぜか笑ってしまえるようなタイプの方だったので、
こんな私でも、そんなに言わなくても~と むしろ笑ってしまいましたが、
よほどいい加減にしろ!と思われたんだろうなぁと^^;
今でも思い出に残っている一言でした。笑


他の面で予算を調整するという事で何とか押し切り、そんなこんなを経て、
わが家にやってきてくれた食洗機と同じものがです。
         


わが家には似つかわしくない 立派なミーレの食洗機(*^^ゞ
毎日しっかりお世話になっています。


お帰り前にポチッと ↓ していって頂けると
励みになりとてもうれしいです。

  にほんブログ村 輸入住宅へ     人気ブログランキングへ
                    

| キッチン | COM(2) | TB(0) | top▲

2011-02-28 (Mon)
キッチンの話 まだまだ続いていますm(__)m

キッチンの各パーツについては、自分なりに調べ、
おおまかな希望は決まっていました。


シンク
つやつやと真っ白なホーロー(ホウロウ?)のシンクには、とても憧れていたのですが、

落とすと食器が割れてしまう事がある とか、
細かい傷などが付くと黒ずんだり錆びたりする事もあるという事を
目にしたので、私にはその辺りの事がとても心配で、
正直「白」だったら材質は特にこだわりがなかったので^^;

シンクは、おなじみ? comoのカラーステンレスシンクにしました。

これについては、家づくり当時からずっと
拝見させて頂いていた大好きなブロガーさんが書かれていて
何だか良さそうだなと気になっていたのですが、その後、
家づくりをお願いした工務店で建てられたという方のブログでも、
このCOMOを採用されていて、やっぱりなかなかよさそうだったので、
わが家もこれにしよう!と決めていました。


水栓
シャワータイプで、ヘッドが引き出せるものが希望でした。

わが家では、カウンターを低めに造ってもらうため、リビングなどからも
水栓が見えるはずなので、デザインもきれいに見えるものを探しました。

初めは、コーラーの優雅な感じとソープディスペンサーに
憧れたのですが、いいなと思うものは手が届かず(ToT)、

色々見ているうちに、デルタというメーカーがある事を知り、
webカタログが見たくて、さっぱりわからない英語のサイトまで
覗きにいきました^^;

コーラーよりお値段もやさしくて^^、いいなと思うものもいくつか
あったので、張り切って工務店に聞いてみたのですが、
デルタは施工実績がなかったのかどうなのか…
工務店ではデルタについてあまりいい返事はいただけませんでした

当時私が調べた限りでも、デルタを使っていらっしゃる方の意見を
あまりお見かけできなかったので、諦めることにし、

最終的に、優雅な曲線が好きだった グローエのミンタ(Minta 32321 00J)

0228_kitc1006_0004.jpg

に決定しました。

ただ、こちらのミンタ、シャワーの水がはねる…というお話を目にした事が
あったので、少し不安でした(こちらの使用感についても、また後日
報告させて頂きますねm(__)m)
でも、家は食洗機のお世話になる予定だったので、水はねはあまり気にせず
ミンタのデザイン重視で、決定しました。


そして、キッチンの天板は、前々回の記事でも触れさせて頂きました
人工大理石です。

いくつかサンプルを見せて頂いたのですが、本当に真っ白のものではなく、
白い粒々?^^の入ったものにしました。

余談ですが、家づくりを始めて、キッチンの事について色々調べていた時に、
たびたび「人大」という言葉を目にしたのですが、当時の私は、
それが何の事だかもわからず、どこかの大学か? 科学的な何か!?と
本気で悩み、そしてgoogleで検索までしてしまいました(;´▽`A``お恥ずかしい…

そしてようやく、みなさんがおっしゃっていたこの「人大」の正体が
人工(人造)大理石の事だとわかりました(;^_^A


人工大理石と同じ発想ですが、タイル タイルと言っている割に、
とにかく横着者なので、IH前のあの油汚れの気になる部分には
タイルは比較的簡単に諦め、キッチンパネルにしました。

やはりこんな自分には、タイルにする勇気が持てませんでした。
その代わり、少しでもナチュラルっぽくて無機質に感じないようなもの、
タイルっぽいものを…と悪あがきをして、また探しまくりました(^_^;)



そして、なんだかよさそうだな と思ったのがこちらです。
P2

キョーライトさんの アーバンSのモザイクホワイトというものです。
(家のキッチンのものを撮ってみたので、ちょっと画像がわかりづらくて
申し訳ありません。色は白です。)

なかなかいい感じで、見つけた時はちょっと興奮してしまいました(*^^ゞ
早速工務店にたずねた所、メーカーさんから取り寄せてくれるとの事で、
サンプルも見ないまま、こちらに決定してしまいました。

本物のタイルと比べてしまえば、当然質感等はキッチンパネルそのものですが、
でも、実物も、サイトの写真で見たイメージ通りで、
タイルの目地風になっている部分がちゃんと少しくぼんでいるので、
それなりに立体感もあり、私はこちらのパネル とても気に入っています。
15mm角くらいの大きさです。

もし気になられた方がいらっしゃったら、一度、工務店やメーカーさんに
お聞きになられてみてはと思います。



と… 長くなってしまいましたが、今後、こんな記事も
もしかしたら参考にして頂ける事もあるかも…と思い、
長々綴らせて頂いています

設備等については、また(まだ!?)続きますという事で…
よろしかったらまた遊びにきてください♪


…こんな所まで目を通してくださった方、ありがとうございましたm(__)m
お帰り前にポチッと ↓ していって頂けると、とてもうれしいです。 

  にほんブログ村 輸入住宅へ     人気ブログランキングへ
                    

| キッチン | COM(8) | TB(0) | top▲

2011-02-16 (Wed)
w-line9.gif08.gif
                                           
まどろっこしいタイトルでごめんなさい

先日の記事で、キッチンのワークトップは人工大理石にして、
タイル貼りのカウンターを造作してもらう事で、
憧れのタイルのあるキッチンを何とか目指そうと決めた という話を
させて頂きましたが、今度はそのカウンターを、どんな形で造ってもらうかで
またとても悩んでしまいました^ ^; (←悩んでばかり…)

家づくりの参考に、雑誌などで色々なキッチンを拝見していたのですが、
同じ カウンターやレンジフード裏の壁があるキッチンでも印象は様々で、
こういうイメージがいい、という事をコーディネーターさんにうまく伝えられるように
家づくりノートにいくつかのキッチンを集めて自分なりにまとめました。

わかりにくい図で^^;説明させて頂くと、


大まかに分けると、ひとつは、このような感じで
カウンターの天板がレンジフード裏の壁までのパターンです。
P21-


そして、同じような感じですが、今度は天板に少し幅を持たせて、
レンジフード裏の壁の端まで続くパターン。
P21


そして、こちらは、できる事ならこんな感じがいいな♪と
私が当初憧れていたものなのですが、
カウンターは造らず、キッチンを少し幅広にして、シンク下の対面側?
(わかりにくい説明でごめんなさい)に収納を作れたら…
というパターンです。
P21


ですが、わが家の場合、キッチンの対面はダイニングで、
どちらも同じ狭さ^^;なので、「こんな所に収納を作ったらますます
ダイニングが狭くなるょ!」と社長さんに力説され、諦めました。

図面だけを見ていた時はそんな社長さんの言葉もいまいちピンとこなかったのですが、
実際に暮らしてみて、今になってみればわが家のダイニングのこじんまりさ^^;が
ほんとに身にしみています(;^_^

そもそもこのような形にすると、タイルトップの問題に突き当たるので、
やはり私には無理だったのかもしれません(;´▽`A``



なので、1番目と2番目の2つのパターンを比べてみて、
しかもわが家の場合は、ダイニングに造作の収納棚を造り付けてもらう予定でいたので、
(↓こんな白い感じです)
P21


なおさら、この辺りの壁とカウンターのおさまり?
について、あれこれ悩みました

w-line9.gif


そして、最終的には、先日の打ち合わせの記事で書いたように、
上図のカウンターのような感じで、
タイルトップのカウンターを、ほんの少し出幅をとって端の壁までもってきて、
カウンター本体部分はパインの腰板張りにしてもらう事にしました。
そしてレンジフード裏の壁には、ニッチを作ってもらいました。



ちなみに、カウンターは、シンクなどの目隠しになるとはいえ、
リビングやダイニング側から見た時の圧迫感がどうにも気になって、
できれば私はカウンターは付けたくないと初めは思っていたくらいなので、
カウンターの高さについては、すごく考えました。

そして、わが家のカウンターは、ワークトップの人工大理石から
約9センチほどの高さにしてもらいました。
そのため、目隠し効果はそんなに期待できませんが、
気にしていた圧迫感のようなものは、私の感覚的には
ほとんど感じないので、とてもよかったと思っています。

この辺りの寸法などについては、文章のみではイメージして頂きにくい
と思いますので、またキッチンの写真と一緒に
改めて紹介させて頂けたらと思っていますm(__)m



と・・・また長々と続いてしまいましたが、            
キッチンは本当にみなさん様々に色々な工夫をされていて、
見るたびに目移りしてしまいますが、わが家はこんな感じです。
拙い図ですが、もしわが家と同じような間取りで考えていらっしゃる方にも、
少しでもイメージの足しにして頂けるような事があればうれしいです。


絵心ゼロの私に代わり、ぶつぶつ言いながらも
拙いイメージ図を書いてくれた旦那に、よろしかったら
ポチッと ↓ してやって頂けたらとてもうれしいです。

  にほんブログ村 輸入住宅へ     人気ブログランキングへ
                    

| キッチン | COM(2) | TB(0) | top▲


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。