-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  にほんブログ村 輸入住宅へ     人気ブログランキングへ
                    

| スポンサー広告 | top▲

2011-01-23 (Sun)
わが家の建築回顧録 今日は基礎コンクリートの様子です。

ベタ基礎のベース部分。

b1 -




そして、立ち上がり部分の養生中の写真等はどこにも見当たらず…

しばしの養生期間の後、型枠が外され、基礎が現れました。
b2 -



喜び勇んで♪主人と近付いてみると・・・

・ ・ ・ ・ ・ 。


kj4 -

ん~~

ベースと立ち上がりの継ぎ目部分が、素人目にもとてもきれいとは思えない状態で、
これはジャンカ ( 『基礎コンクリート打設時の充填不良により、砂利が分離
したまま硬化し、コンクリート表面にできる隙間のこと』を言うのだそうです )
というものじゃないの!?と少し不安になりました


早速主人が営業さんに電話をして 確認して頂いて、翌朝、
わが家を定期的に検査してくれる第三者機関の方も来てくださり、
一緒に見て下さる事になりました。

その結果、打ち込み不足により多少のジャンカは見られるが、
許容範囲でしょう との事で、化粧モルタルで仕上げる前に、
必要な所は補修をしてくれるという事になりました。

許容範囲のジャンカ というものもよくわからず、あまりいい気分では
ありませんでしたが、プロの方が大丈夫と言ってくれ、補修もしてくれる
という事だったので、一安心しました。



建築関係の仕事に携わっている友人にも聞いてみたのですが、

ちゃんとした仕事をしないと、そういう風になったりする事もあるけど、
そういう現場も残念ながら結構あるよ と言っていました。

程度にもよりますが、表面的なものなら見た目の問題ぐらいで
強度に影響する事はまずないけれど、ただ、
そこから水が浸入して中の鉄筋を腐らせたりしないように、
それなりの補修をした方が良い場合もあるそうです。


基礎をぐるっと一周してみて、きれいな所ももちろんあり、
写真のような部分ばかりではなく、本当にたいした事ではなかったのかもしれないので、
うるさい施主だなと思われたかもしれませんが^^;
大した事か大した事じゃないのかもわからない素人なので
その後も気になる事はできる限りその都度聞きました。
なんといっても最初で最後の大きな大きな買い物なので、
聞きづらい なんて言っていられませんでした(;^_^A


こちらはアンカーボルト
b3 -

だいたいまっすぐ通っているようです。


いきなり少し心配になってしまうような事もありましたが
わが家を支えてくれる大事な基礎ができあがり、
これからどんどん家ができてくるのかなぁ…♪と、毎日とても楽しみでした


しょっぱなからちょっと微妙な空気に包まれた^^;わが家でしたが 
励ましと応援のクリック頂けましたら幸いです。
スポンサーサイト


  にほんブログ村 輸入住宅へ     人気ブログランキングへ
                    

| 基礎工事 | COM(4) | TB(0) | top▲

2011-01-09 (Sun)
建築「後」日記 ようやく基礎工事に入りましたm(__)m


リアルタイムで綴らせて頂いている訳ではなく、当時の記憶をたどりながら
という形なので、引っぱり出してきた工程表を片手に、
写真と照らし合わせ、これは何をしている所だろう~!?
という感じでまとめています(;´▽`A``

この頃はまさか自分がこんな風に家づくりの記録を
ブログ上で綴っているとはほんとにこれっぽっちも思っていなかったので、
見て頂けるようなまともな写真もほとんどなく
いつまでもなかなか着工からの記録をまとめられずにいましたが、

そんなわが家の家づくりの過程を、ささやかながら
お伝えできる範囲で記させて頂きたいと思います。




少し見づらいかもしれませんが、こちらは、
初めて見た時愕然とした 地縄張りされたわが家の予定地です。

n1 -


狭く感じる と色々な所で聞いてはいましたが、実際にその場に立ってみて、
覚悟していた以上にこじんまりとしているわが家に、
主人も私も苦笑いするしかなく、なんだか不安になってきた事を覚えています
友達が、「こんな所に人が住めるのか!?と思ったょ」と
聞かせてくれた話を思い出しました(;^_^A



そして、基礎の配筋時の様子です。

当時住んでいたアパートから現場まで近かったので、行こうと思えば
何度でも足を運べたはずなのですが、この頃私達は毎日何をしていたのでしょう…
ぷに子もまだ小さく、とにかく何かとバタバタしていた記憶はあるのですが、
そんな事を言っているうちに、基礎の配筋がしっかりできあがっていました。
h4 -


砕石というものがまんべんなく敷かれているみたいです。
h2 - コピー


人通口という部分には配筋の補強がなされているようです。
h3j -



自分たちではどこをどうチェックしたら良いかもよくわからず、結局、
配筋時なども第三者機関が検査に入ってチェックをしてくれるので、
まぁ大丈夫かな、という感じでわが家はずっと進んでしまいました



建築工程の写真も、私達が撮ったものはろくなものがありませんでしたが(ToT)、
検査機関の方が膨大な写真を記録して下さっていたので、
このいい加減な建築後日記も何とかなりそうです

見どころも 参考にして頂ける所もほとんどないかと思いますが、
よろしかったら完成までの道のりもお付き合いください♪


建築当時の記憶さえどんどん失われていく悲しい年齢…(ToT)
さっさとがんばれよーと応援のクリック頂けましたらうれしいです。

  にほんブログ村 輸入住宅へ     人気ブログランキングへ
                    

| 基礎工事 | COM(0) | TB(0) | top▲


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。