-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  にほんブログ村 輸入住宅へ     人気ブログランキングへ
                    

| スポンサー広告 | top▲

2010-11-17 (Wed)
これからずっと暮らしていくマイホーム。
どんな家がいいのか… 家づくりを始めてから、ずっと探し続けていました。

雰囲気やインテリアの感じは、ナチュラル・ナチュラルカントリー・フレンチカントリー
…(微妙な違いなどについてはよくわかりませんが^^; )
こんな感じが私は好きだという事はわかりました。

そして、家の外観は、
・プロヴァンス風 などとよく言われるような
 ベージュやクリーム色っぽい塗り壁に、 赤茶色の瓦屋根で…という感じのお家か、
・白の塗り壁に、濃紺っぽい屋根で、
 でもエレガントな感じではなく(^^ゞ…
という感じのお家、というイメージはずっとあったのですが、
多分(確実に)一生に一度しか建てられない家を、
どちらの雰囲気にするか、なかなか決められずにいたのです。




そんな時、たまたま雑誌でみかけた一軒のカフェの写真。
ご存知の方もいらっしゃるかと思います 茨城県結城市にあるカフェ cafe la familleさん。

genn.jpg

画像(貸して頂きましたm(__)m)は、
カフェのお隣にある雑貨屋 general STOREさんなのですが、
私が雑誌で拝見したcafe la familleさんと同じような雰囲気の建物です。

家の外観イメージをどちらにするか悩んでいた時に、
たまたまこちらのお写真を拝見して、やっぱり私は白い塗り壁に濃い色の屋根の
こういう雰囲気のお家の方が好きだなと改めて思い、
自分達が歳をとってからも、しっくり馴染んでくれそうなそんな気さえしました。

そして、最終的に何よりの決め手になったのは、
インテリアにもほとんど興味がなく、普段めったに口を挟まない主人が、
「茶色っぽい屋根のかわいい感じより、こっちの家の方がいい」
と言ったそのひとことでした。

自分でもかなり気持ちが固まってきてはいたものの、
でもあっちもかわいいな…なんていつまでも繰り返していた私も、
主人のその一言で、ようやく心が決まったのでした。


家づくりをお願いする会社も決まり、
これだ、と思うわが家のイメージもやっと固まり、
いよいよ家づくりも本格的にスタートです。
(建築後日記なので当時を振り返っていますm(__)m)


***ちなみに、cafe la familleさんの建物は、
オーナーさんが南フランスのお家をイメージして建てられた、
と拝見したのですが、わが家は、ビルダーさんの分類だと、
イングリッシュカントリーという感じになるそうです。

どちらかというと私達はフランスが好きなので、
フランス風でよかったのですが(^^ゞ、
どちらにしても、ようやく外観のイメージも決まり、わくわくうれしかったです。


ブログランキングに参加しています。お帰り前に
ポチッと ↓ していって頂けると 励みになりうれしいです。
スポンサーサイト


  にほんブログ村 輸入住宅へ     人気ブログランキングへ
                    

| 理想の家さがし | COM(2) | TB(0) | top▲

2010-09-27 (Mon)
デザインと直感 優先のわが家^^;は、
自分達が本当に暮らしたいのはどんな家なのか。
特に外観についてはどうしてもどうしても これだ!って
心から納得できるお家にしたかったので、
住宅雑誌を読んだり、街の家々を眺めたり、
ネットで外観集や各社の施工例などを見まくりました。

44.gif


将来 いつか自分の家が持てたらいいなぁ…なんて
夢見て憧れている程度だったので、
「建てる時は絶対こんな家!」と しっかりとしたイメージが
固まっていたわけでもなかったため、
契約前後までの短い期間で、家という一生で一番大きな買い物を
あれこれ決定していかなければならないんだ!と思うと、もう必死でした

ですが、家の外観の写真を集めたような本って、
ありそうでなかなかないものだなぁと感じました。

というか、もともと日本に居ながら 外国のような家…なんて探していたので^^;、
なかなかそのような外観集には出会えなかっただけかもしれませんが。


その後、プランニングを重ねていくうちに、
間取りや窓の配置が変われば、当然ながら外観も変わってしまったりもする上、
予算との兼ね合い(家づくりは常にこの闘いですね^^;)もあり、
色々なバランスをうまく重ね合わせて家づくりをしていく事の
難しさと楽しさを痛感させられました。。。


ブログランキングに参加しています。お帰り前に
ポチッと ↓ していって頂けると 励みになりうれしいです。

  にほんブログ村 輸入住宅へ     人気ブログランキングへ
                    

| 理想の家さがし | COM(0) | TB(0) | top▲

2010-09-26 (Sun)
お家を建てられた方々や、今 建築中のみなさんそれぞれに、
その家・ビルダーさんに決定された最大の決め手のようなものが
おありかと思います。


わが家の場合は、家作りにあたって、
やはりまず第一に 限られた少ない予算内で、
少しでも希望に近い家を建ててもらえるという事は絶対条件でした。

そして、本当なら工法や基礎など 大切な事をちゃんと勉強して
家づくりを進めたかったのですが、難しい専門用語よりも
どんな所にコンセントが必要か とか、内装やインテリアについての
日常に直結している情報ばかりがどんどん頭に入ってきて、
肝心なことはさっぱり身に付きませんでした

ちょうど娘がうまれ、当時住んでいたアパートでは手狭になってしまい、
一日も早くこの家から出たい!と思っていた所に
色々な運が重なり、家を建てられる事になったので、
とんとん拍子というよりは、まさに 最初から最後までドタバタの家づくりで、
じっくり検討したり勉強する時間は持てませんでした


そのため、わが家の場合、最終的にはおおまかな価格帯や、
デザインとか質感みたいな 「何となくここいいな」という直感が
家づくりの大部分を占めていたように思います。

自分達のフィーリングに賭けて、
その会社と直感を信じるしかない!という感じで^^;、
施工会社選び 家づくりを進めていく事になりました。


ブログランキングに参加しています。お帰り前に
ポチッと ↓ していって頂けると 励みになりうれしいです。

  にほんブログ村 輸入住宅へ     人気ブログランキングへ
                    

| 理想の家さがし | COM(0) | TB(0) | top▲

2010-09-10 (Fri)
家を建てようと決まってから、主人とふたりで、まずは(定番の?)
住宅展示場へ向かいました。

初めての展示場だったので、とにかく目についたモデルルームを
順番にまわってみました。
だんだん何となくどこも似たようなお家に見えてきてしまい、
熱心に説明して下さる営業さんのお話も次第に耳に入らなくなり^^;、
3、4軒ほどまわった所で、少し疲れてきてしまいました

そんな中、もう帰りたい… という顔をしていた主人も、そして私自身も、
おっ!と気になる家がありました。


そこは、いわゆる輸入住宅と呼ばれるお家でした。


インテリアや家全体の雰囲気は、コテコテという感じではありましたが、
リビング・キッチン・子供部屋… そこに暮らす自分達 というものを、
思い描きたくなるようなお家に初めて出会い、わくわくしました。

ie1.jpg

昔から、もし将来自分の家を持つ事ができたら、
外国みたいな家に住みたいなと ぼんやり憧れ続けていました。

でも、やっぱりここは日本だし、
輸入住宅で暮らしている人が周りにいる訳でもなく、どんな感じなのかもわからず、
何となく自分にとっては、憧れではあるけど遠い世界 というか…
とにかく、自分が輸入住宅を建てるとはあまり考えた事はなかったのです。

ただ、雑誌や展示場で「いいな」と思う家は、
やっぱりそのほとんどが輸入住宅と呼ばれるような家だったので、
そういう家を得意としている会社で建てるのが
一番なんじゃないかなと思う様になりました。


そんな私達の背中を押してくれたのが、
後日 向かった別の輸入住宅ビルダーのモデルハウスでした。

雑誌でしか見た事がなかったようなインテリアや
その家の持つ空気感のようなものにすっかり魅かれてしまい、

やっぱり輸入住宅がいい と強く思いました。


ブログランキングに参加しています。お帰り前に
ポチッと ↓ していって頂けると 励みになりうれしいです。

  にほんブログ村 輸入住宅へ     人気ブログランキングへ
                    

| 理想の家さがし | COM(0) | TB(0) | top▲


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。